札幌 円山夜想 ありがとうございました!

2017年8月5日(土) 遠藤重賢 2マンツアー 札幌 円山夜想 公演に足を運んでいただいた方、ありがとうございました。
この場所でライブをするのは2回目!
とても嬉しいことです。

この日、札幌ではお祭りが開催されていたようで、街中は賑わっていましたね。

天気も悪くなく、会場はとても温かい雰囲気で迎えてくれて、
またこの街でライブが出来るのだなあ。
と感慨にひたりながら演奏を始めました。

—–

1.哀歌 -snow drop-
~mc~
2.Closing World
3.砂漠
4.流離人
~mc~
5.12発のBallad
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

—–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)

全7曲。

仙台に続いてTETSUと2人での演奏ということで、
このツアーは、TETSUのピアノが成長していく過程が見られるところもポイントですね。

もっと早く練習していれば…。
いや、何も言うまい!

TETSUのピアノも円熟味が増していたようです。

以前にENDELSSのキャンペーンで札幌に来て、
「12発のBallad」のMVを流してから
いつかこの街で演奏したいと思っていた「12発のBallad」をセットリストに入れてみました。

去年に続いてこの円山夜想に足を運んでくれた人も多かったはずなので、
前回より進化した世界観を感じられたのならば、ライブは成功だったと思います。

プラットホームをピアノバージョンに変えたり、
二人のアコースティック編成のためにアレンジを練り直すのは、
なかなかに大変な時もありますが。
楽しんで聴いてもらえているようですし、演奏するのもやり甲斐があります。

終始、温かいムードの中。
やりたいと思っていた場所で、持てるありったけを歌にのせられたのではないでしょうか。
こうして特別な夜を過ごせて、大好きな北海道がまた一つ好きになりました。

きっとまた、ここでライブが出来るように頑張りたいと思います。
札幌 円山夜想。ありがとうございました!

SHIGE

TETSUバースデーGIG 「TETSU 誕生祭2017」公演詳細

ついに8月27日、TETSU Birthday GIG 「TETSU 誕生祭2017」
公演詳細が発表となりました。

この日はTETSUのバースデーライブということで、
出演はENDLESS【SHIGE, TETSU, 中村泰造, HAYATO】に加え。
YUKIYA(Kαin)さん、生熊耕治(CUNE)さん、杉本善徳さん。
のゲスト参加が決定!

どのようなライブになるのかも定かではない中、
快く引き受けていただいたという事で、本当にありがとうございます。

杉本善徳くんは以前に一緒に食事に行ったことをこのブログでも書きましたが、
こだわりや自分の世界観を持って活動されていて、尊敬するミュージシャンでもあります。
しかし同じギターボーカルということもあり、まさか一緒に演奏できる日が来るとは思っていませんでした。

 

ENDLESSの楽曲はもちろんのこと、
このようなメンバーが揃うのも最初で最後かも知れないので、
ゲストメンバーの楽曲もセッションしたりするのかも。
全てはTETSUの采配次第…。

ENDLESSにとっては、2018年1月27日に向けての大切なライブとなるので、時間の許す限り参加してもらいたいです。

チケットはこの後、日付が変わった8月5日 0:00より、
メール先行の受付を開始します。
この時期のライブですから、
「夏の終わりに」「Born In August」は演奏するので楽しみにしていてください。

■ENDLESS 「夏の終わりに」 MV -Full Ver.-

 

ENDLESSのオフィシャルWEBにも記載はされていますが、
8月27日(日)の公演詳細を掲載しておきます。

———

TETSU Birthday GIG
「TETSU 誕生祭2017」

日時:2017年8月27日(日)
会場:新宿SAMURAI
http://live-samurai.jp

開場17:30 / 開演18:00
出演:ENDLESS【SHIGE, TETSU, 中村泰造(CUNE), HAYATO】
ゲスト:YUKIYA(Kαin), 生熊耕治(CUNE), 杉本善徳
前売券¥4,000(D別)/当日券¥4,500(D別)

[チケット]
★2017年8月5日(土)よりメール先行予約開始
★2017年8月12日(土)よりイープラスにて一般発売 【イープラス http://eplus.jp/
入場順 :メール先行予約⇒一般チケット⇒当日
※オールスタンディング・整理番号順入場・未就学児童入場不可
※入場時に別途ドリンク代¥600が必要となります。
(問い合わせ先)samurai20170827@gmail.com

 

■チケットメール先行予約受付期間
2017年8月5日(土)0:00~8月25日(金) 23:59まで
※期間外でのお申し込みは無効とさせていただきます。
※完売の場合は早期終了となります。

■予約受付完了のお知らせ
8月7日(月)より随時、予約受付完了(整理番号付)のメールをお送りさせていただきます。
整理番号は抽選となります。8月7日以降のお申し込み分は先着順となります。
お申込みから2日経ってもメールが届かない場合は、下記アドレスにお問い合せください。
samurai20170827@gmail.com
お問い合わせの際はお名前、お電話番号を必ずお知らせください。
返信には2日~3日かかる場合がございます。

■お申し込みに関しての注意事項
※お申し込みはお1人様につき1枚までとさせていただきます。
※必ず@gmail.comからのメールを受信出来る様にメールの設定をお願いいたします。
※公演中の撮影、録音などはどのような機器であっても禁止とさせていただきます。
※数に限りがございますので、やむを得ない事情によりキャンセルされる方は、
お早めにメールアドレス(samurai20170827@gmail.com)宛にご連絡をいただけますようご協力をお願いいたします。
※ご入場の際は身分証をご提示いただく場合がございます。

■メール予約方法
メールの件名「8月27日チケット予約」
・お名前(フリガナ)
・ご住所
・連絡の取れる電話番号
を明記の上、

——

samurai20170827@gmail.com

——

上記メールアドレスまでメールを送信してください。

 

8月27日は一夜限りのお祭りとなりそうです。
会場でお待ちしています。

SHIGE

夜の扉 ミュージックビデオ

まずは告知から。
TETSUのバースデーイベントライブですが、
8月27日(日) 新宿SAMURAIにて、出演はENDLESSと複数のゲストミュージシャンにて行われます!
チケットは8/5より先行メール予約を開始、8/11よりプレイガイド(イープラス)発売を予定。
近日中に正式な詳細発表をしますので、もう少しお待ちください。

 

8月5日はいよいよ遠藤重賢 2マンツアー札幌公演。
仙台公演に続いて、TETSUと2人での演奏となります。
楽器の数が少なくなればなるほど演奏がシビアにはなりますが、
その分、細かなニュアンスまで伝わるはずなのでやり甲斐もあるというものです。

ライブに先がけて会場販売音源より「夜の扉」MVを公開しました。

■夜の扉 MV -Short Ver.-

「夜の扉」を作曲する時にあったイメージを映像化したもので、
なかなか思い通りに仕上がったと思っています。
自身が映っている場面以外は、色んな街で少しずつ自分で撮りためてきました。

これから札幌、福岡、広島公演がありますので、来場される方はこのMVを見てライブを楽しみにして、
すでに音源を手にしてくれた人も、より楽曲の世界観を広げてもらえると嬉しいです。

SHIGE

刺激的音楽紀行 -名古屋編-

刺激的音楽紀行 名古屋編ということで、
楽しかった名古屋 伏見 JAMMIN’ 公演からもう1週間以上が経つのですね。
タイトルから察していただけると思いますが、
またもや食べ物の話ばかりする回がやってきました。

ツアーも6公演中、3公演が終了して折り返しました。
色んな街で音楽を聴いてもらえて、ツアーを計画して良かったと思いながら日々を過ごしています。
その街のことを思い浮かべる時。
美味しかった食べ物や観光名所ではなく、
ライブ会場の雰囲気や聴いてくれている人の顔を思い浮かべます。

…本当ですよ!

いや、、疑われているような気がしたので…。

その街の片隅にある小さなライブハウスや会場が、
自分にとっては特別な思い入れのある場所になるものです。
いつまでも感慨にふけっているわけにはいけないですが、
そういう大切なものは、無くならないでずっと胸に残っている気がします。

 

先日の名古屋公演は海の日ということもあり、
ものすごく暑かったです。

美味しいものを食べるために
ベストコンディションで臨むためにも、ライブ前日に名古屋入りしました。

東海道新幹線に乗り込みます。
やはり他の東北新幹線などとは人の雰囲気が違うなあ。

あれもこれもと機材が増えてきたので、
スーツケースを新調しました。
できればオシャレな夜空のトートバッグだけを持っていたいのですが、
音楽の機材と、映像の撮影機材とでスーツケースはパンパン。

またもや例のお店で例の物を買いました。
その場で2種類つめてもらえるのがお気に入りです。
左は例のブツで、右は夏限定の梅おこわ。

何気なく買った静岡茶も美味しかった。
静岡は通り過ぎてばかりなので、折をみて行ってみたいです。

東京から名古屋までは1時間30分程度なので、あっという間です。
どのような美味しい「なごやめし」が待っているのか、
期待に胸を膨らませながら電車を降り立ちます。

さすが、名古屋駅は大都市らしく人でごったがえしています。
閑散としている場所が好きですが、
人が多いと高揚感がありますね。

まだ晩ご飯には早いので、
名古屋の街を堪能するために散策に出掛けます。
ウロウロしていると、妙な建物を見つけました。

名古屋にもフジテレビが?
と思って調べたら名古屋市科学館ということで、
ドーム状の部分はプラネタリウムになっているらしく興味をそそられましたが、
この日はもう終了のようです。

野外にはロケットが展示されていて、釘付けになっていました。

なぜこんな素晴らしい展示なのに、誰もいないのだろうか。
実物大ロケットを見て、テンションも上がりましたので
いよいよ名古屋めしを求めて繁華街へと繰り出します。

プリンセス大通。
という名前の通りがあるのですね。
姫様という雰囲気ではなく、
我々のような下々の者が仕事帰りに一杯やっていくような感じがします。

名古屋に来るにあたって、
何を食べれば満足できるのか、下調べをした結果。
ひつまぶしに決定しましたので、意気揚々と名古屋市中区栄にやってきました。

あつた蓬莱軒

来てみると、何か催し物でもあるのか店の周りに沢山の人がいます。
人混みをかき分けてお店の前に到着しましたが、

店員「ただいま2時間待ちとなっております」
なんと、人だかりはすべて行列で、見た感じ50人以上は並んでいました。
並ぶのが苦手な関西人なので、しぶしぶお店を後にします。

ひつまぶしを諦めきれず、
近くにある違うお店にも行きましたが、やはり行列。

 

…しかし、
そんなこともあろうかと、他にも調べてあります。
名古屋といえば味噌カツ。

矢場とん本店

堂々とそびえ立つビル。
すごい存在感です。

ひつまぶしでなくとも、名古屋めしはまだあるのだ。
結構歩いたので疲労もピークに、
ようやく味噌カツを食べて…

って、ここも並んでいます!
結構たくさんの人が。

かくなる上は、辛いものは食べられないけれど、
美味しい台湾ラーメンが食べられると泰造くんに教えてもらった
味仙というお店へ。

しかし!
ここも店外まで人がはみ出して並んでいます。

並んで待とうかとも思いましたが、
街を撮影しながら歩き回っていて、日が暮れ始め良い時間帯なので
ご飯を食べないで撮影することに。

結局、戻る道すがら目に留まったお店でオムライスを食べました。
切ない。
切なすぎる。

あまりのショックにオムライスの写真を撮り忘れました。
翌日のライブに備えて、早々にホテルに戻って休みます。

その甲斐あってか、
ライブは成功と呼べるものだったと思います。

ライブでは新しくアコギ用のペダルを導入するほどの、気合の入れよう。

そして、
ライブを終え、23時過ぎにメンバーと合流して打ち上げです。
夜中でも名古屋めしが食べられるお店だということでした。

どて煮、手羽先唐揚げ、エビフライ…。

エビフライは名古屋名物なのだろうか。
メニューには「えびフリャ~」と書いてありまして、
スタッフが一生懸命「えびフリャ~ください」と注文すると、
店員は「あ、エビフライですね」と応対していましたね。

ひつまぶし丼、というのがメニューにあったのですが、
それを注文する勇気はありませんでした。

こうして夜は更けていき。

翌日、
東京へと戻る前に、ようやく、
念願のひつまぶしにありつく事ができました。

長い道のりでした…。
そして名古屋の思い出に、

名前がとっても気に入った
「つけてみそ かけてみそ」
を買い込み帰路につきました。

SHIGE

名古屋 伏見 JAMMIN’ ありがとうございました!

2017年7月17日 名古屋 伏見 JAMMIN’ 公演が無事に終了しました。
この日は海の日でもあり、外の猛烈な暑さの中を来場してくれた人、
本当にありがとうございました!

大阪同様にアンプラグドスタイルで臨んだ、出演メンバーはこの四人。

Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)
Bass:中村泰造 (CUNE)
Drums&Percussion:HAYATO (ex.BLÜE)

昼夜二公演ということで、
セットリストもツアーのテーマとなっている「プラットホーム」以外は被らないようにしました。
昼夜ともに観てくれた人も、楽しめたのではないでしょうか。

———-

【昼の部】

-SE- Deep Forest Inst

1.始まりの日
2.ハートビート
~mc~
3.Born In August
4.砂漠
5.ハルメキ
6.Closing World
~mc~
7.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst

———-

大阪公演もそうだったのですが、
昼には昼の、夜には夜の雰囲気に合うセットリストにしてあります。
衣装もそれぞれの雰囲気に合わせていたりするのですよ…。

来月の8月27日にTETSUのバースデーイベントライブがあるので、
「Born In August」がセットリストに入っていたり。

「Closing World」はいつもと違った、
この日のためのアレンジで演奏しました。

 

———-

【夜の部】

-SE- Deep Forest Inst

1.哀歌 -snow drop-
~mc~
2.TATTOO
3.涙の速度
~mc~
4.流離人
5.止まない雨
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst

———-

そして夜の部。
一変して夜をコンセプトに、ムードのある雰囲気を出せたのではないかと思います。

「涙の速度」はアンケートでいくつかリクエストがありましたので、
セットリストに入れました。

「プラットホーム」は昼の部でも歌いましたが、
夜の部ではギターを置いて歌に専念しましたので、ピアノメインのアレンジに。

どちらもあっという間に終わってしまいましたね。
会場内は昼も夜もとても温かい雰囲気で、
またこの街に来たい。
そう思わせられる一日となりました。

SHIGE