ライブDVDのこと、アルバムのこと。

twitterにて告知しましたが、
Official Web Shopにて、1月27日に発売したグッズの販売が始まりました。
会場でモバイルバッテリーがすぐに売り切れてしまい、再販してほしいとの声がありましたので、追加でオーダーを受け付けています。

ライブに来られなかった方にも、
ENDLESSの歴史が詰まった86ページのフォトブック「Historical Photograph Collention」はこれまでを振り返られるのでおすすめです。

Official Web Shop

 

ライブからもう1週間以上が経ちましたね。
今はまだ、お祭りの後みたいに、心中は纏わりつくような静けさに包まれています。

いただいた手紙やプレゼントもありがとうございました。
手紙やBlogからいただいたメッセージは、一つ一つ大切に読ませてもらって、
ENDLESSに寄り添って来てくれた人の、想いの大きさを感じずにはいられないです。

MCでお話しした通り、
作ると言っていた音源の制作に着手しています。
これは言い訳となりますが、本来はライブの日に音源を発売する予定だったけれど、昨年11月26日から3週間ほど体調を崩してしまい。あんな酷い体調不良は初めてで、3週間まるまるスケジュールを飛ばしてしまった時に、音源制作を諦めてライブの準備に注力するように切り替えたため実現しませんでした。

それで、遅くなってしまったのだけれど、
ライブでしか配布していない楽曲や、入手できなくなった音源の中から一部をリレコーディングしたもの、それに未発表の楽曲も加えて、近年のENDLESSをパッケージしたアルバムをリリースするつもりでいます。
いつも待たせてばかりですね。もう少し、、待っていてもらいたいです。

 

こちらも残すという意味では同じですが、
1月27日はENDLESSのライブの集大成として、ライブDVDを制作すべく映像収録にも力を入れていました。

1列目の客席を取っ払い、カメラ用のレールを敷き、映画の撮影に使用する大きなシネカメラが何台か設置されているのを目撃した方もいると思います。
大小合わせて16台のカメラを仕込んでいました。
音についてもマルチトラックレコーディング(一つ一つの楽器を別々に録音)を行い、ほぼ完全な状態で仕込みを終えていました。

これを報告するかどうかは迷いましたが、
ライブDVDを楽しみにしてくれていると思いますので…。

言わない訳にはいきません。
非常に残念なお知らせです。

 

今回のライブで機材トラブルがあり、
音声のマルチトラックレコーディングが収録できていませんでした。

ライブDVDのための音声が録音できなかったということです。

 

しばらく、ショックで呆然としてしまいましたが、トラブルが起きる時はそんなものです。

絶対に間違えたくなかったので、
以前に渋谷マウントレーニアホールで使用した実績のある、
同じ機材と設定、そして最も信頼できる人員で臨んだのですが…。
もちろんリハーサルでは順調に機能していました。

あの場で、トラブルから回復させるには会場のメインコンソール再起動しか方法がなかったとということなので、それはライブ中には無理な話です。
細心の注意を払って準備をして、実績のある機材を使っても起きてしまったことなので、誰も何も悪くないです。起こるべくして起きたのです。

俺は本人なので、仕方がないか! と割り切れても、頼まれて録音していた方は…。
心中察するに余りあるので先日、心配になり慰労会に誘うと、やはり気の毒なくらい意気消沈していました。それでも話をすることで、少しは元気を出してもらえたと思います。

 

このままだとライブDVDは断念せざるを得ないですが、
一方で残されている音声データもあります。

俺はいつもライブの時に、自分で聴き返すためにPA卓付近にレコーダーを置いてもらうことにしています。
そのレコーダーの音声と、映像収録カメラに録音されている簡易的な音声。
それらだけが、この日の残された音声データです。

マルチトラックレコーディングとは違い、ライブ会場のスピーカーから鳴っていた音を録音しただけです。
どういうことかというと、個別に楽器を録音していないので、音のバランスが取れないというのが一番大きな点で、他には。

1曲目に盛大に間違えている泰造くんのベースや、
やはり1曲目で構成を間違えて一人だけ違う所を弾いている泰造くんのベースが修正できなかったり…。(それ以外は完璧でした、念のため)

自分自身のミスはもちろんのこと、最後の最後にギターを弾くMonochrome Skyで、ギターアンプ?が壊れてピーっと悲鳴を上げているノイズなどもカットできなかったりと不都合があります。

良いところを挙げるとすれば、
みんなが聴いていた、会場の音をそのまま録音しているので、荒々しいけれど臨場感あふれる音にはなるのかな、という所です。

今はまず、この素材を使って鑑賞できるクオリティまで持っていけるのか、音声のミックスダウンに取り掛かっています。想像以上に大変で、ちょっと気が遠くなる作業ですが、楽しみにしてくれている人のことを思い浮かべながら、やれるだけやってみるつもりでいます。

救いなのは、メンバーがこれまでで最高の素晴らしい演奏をしているということです。

 

それと、ENDLESS Official Web Siteについて。
これからも、出来るだけアーカイブとして残しておくつもりでいます。

Blogやtwitterについては、残してほしいという要望が多く、自分が思っている以上に読まれているのですね。ありがたいです。少なくともこのライブDVDの経過や、アルバム発売までは続けるつもりでいますので、お付き合いいただければ嬉しいです。

SHIGE

ENDLESS -The sky is the limit- Final Chapter ありがとうございました!

2018年1月27日
ENDLESS -The sky is the limit- Final Chapter 公演が終了しました。
会場にいた人達の様々な想いが交錯する、特別な夜となりました。

ライブというのは、その日その時が全て一度限りの特別なものであると考えていますが、それでも、バンドの終焉を迎えるライブというのは、応援してくれた人、メンバー全員の想いが放つ輝きに加え、20年という月日が重なり、1月27日は言葉にはできないような夜だったと思います。

公には1998年から活動を始めていますが、俺にとっては16歳くらいに始めたバンドがENDLESSという名前でした。そしてTETSUと出会い、いくつもの壁を乗り越え、挫折や葛藤を繰り返しながら今日まで続けてきたような感覚です。

長かったのか、短かったのかはわからないですが、作品には1音たりとも無駄な音はなく、どの時代の作品も妥協せずに作り上げることが出来ました。2007年からは、演奏はもちろんレコーディング、ミックス、マスタリング、アートワークから写真まで全てを手掛け、まさに自分たちをそのまま投影した作品ばかりとなっています。

このライブをやろうと決めたのは、ENDLESSを応援してくれている人に会って感謝を伝えるため。そして、ENDLESSが持つライブの世界観の集大成を見届けてもらいたかったからです。

当日まではひたすら準備に追われ、ぐちゃぐちゃで記憶がない日がいくつかあるくらいですが、そんな中でも時々このBlogに送信されてくるメッセージに元気をもらっていました。
昔からENDLESSを知っていたけれど、初めてメッセージを送りますという人も結構いたりして、やはりこのライブは特別なのだということを感じられずにはいられなかったです。

素晴らしい部分も、未熟な部分も、これまでの色々なもの全てを、
一夜に懸けたライブとなりました。

 

———

2018年1月27日 渋谷マウントレーニアホール
ENDLESS -The sky is the limit- Final Chapter
セットリスト

-SE- Final Chapter

1.FAITH
2.Through The Wind
~mc~
3.浮遊楼
4.時雨心地
5.Darlin’
6.止まない雨
~mc~
7.TATTOO
8.Midnight Moon
-Interlude- 夜空のテーマ
9.Falling Tears
TETSU Piano Solo
10.Distance
~mc~
11.ハルメキ
12.Go Away
~mc~
13.Born In August
14.夏の終わりに
15.Winter Song
16.ノスタルジア
-Interlude- 四季のテーマ
17.始まりの日
18.TABOO
19.12発のBallad
20.Painkiller

-SE- 再会

En-1.夜光
~mc~
En-2.Broken Chain
En-3.Monochrome Sky
~mc~
En-4.Closing World

-SE- Closing

———

 

全部で24曲を演奏。
セットリストは最後のゲネプロまで確定しなくて、曲を増やしてみたり減らしてみたり、何度も入れ替えた末に決定しました。

セッションメンバー
■ SHIGE (Vocal&Guitar)
■ TETSU (Keyboard)
■ 山内健雄 (Guitar)
■ 中村泰造 (Bass)
■ HAYATO (Drums)

 

チケットが完売してしまったので、観られなかった人のためにも写真を多く掲載しておきますね。

ライブの舞台は細部までこだわり、舞台セットから、映像用のスクリーンや照明までも持ち込み、空間の全てを使ってENDLESSの世界に浸ってもらえるように趣向を凝らしました。
映像は「夜光」でのサイバーな映像以外は全て自身で撮影したものを使用しています。

オープニングは予告していたように、オーロラの映像から幕を開けました。

鏡面の湖に映るオーロラ映像を撮影したくて苦労しましたが、その甲斐がありました。

1曲目は、最初に発表した楽曲「FAITH」。
ステージからは、楽しんでくれているみんなの顔がよく見えていましたよ。

HAYATOくんはドラムフルセットを持ち込んで、キレキレでしたね。間違いなくこれまでで一番のプレイだったと思います。

泰造くんは数多くのアーティストのライブで活躍していることからもわかるように、唯一無二のベーシストで、相変わらずもの凄いグルーブを生み出していました。

この日は彼の仕事で他のライブとバッティングしていたのですが、ENDLESSを優先してくれて、、、感謝です。

健雄さんは今日のために新調したくれたギターが輝いていましたね。

メンバーのみんなはプロフェッショナルなことはもちろんですが、何よりENDLESSに愛情を持って演奏してくれているのが伝わってきます。

 

TETSUはピアノソロを披露したり、この日にかける気持ちの大きさが伝わるパフォーマンスだったと思います。

オープニングSEやInterludeは、TETSUがこの日のために書き下ろしました。

俺もちょっとギターソロを弾いて、見せ場を作ってみたりしましたよ。

「Midnight Moon」からの Interlude 夜空のテーマでは、映像で星が流れ、

星空をバックに「Falling Tears」を歌ったり。

季節感をテーマとした「Born In August」からのセクションでは、
夏から季節を巡るように、夏秋冬春とその季節感をもった楽曲を演奏しました。

自分では情緒が感じられる楽曲もENDLESSの魅力だと考えています。


最後の春は、桜の映像をバックに「ノスタルジア」を歌いました。

続くInterlude 四季のテーマでは、季節の移り変わりを表現した映像が流れます。

「夏の終わりに」のジャケット写真が、そのまま映像で動いていたのは気が付いたでしょうか。実は映像も撮影してあるのです。


季節が一巡して、「始まりの日」へと続きます。

そこからはもう、ライブも終盤。
最後まで駆け抜けるだけです。
持てるもの全てで、その瞬間を過ごしていました。

最後まで自分たちらしく、
これがENDLESSなのだと胸を張れるライブにするため。

会場からの熱気が何度も胸を打ち、
演奏している俺たちも、高いパフォーマンスを発揮できました。
声援もここまで届いていましたよ。

表現したかったことや、言いたかったこと、気持ちを全部、あの夜に置いてきましたので、会場にいた人とは、きっと様々なものを分かち合えたのではないかと思っています。

そして、ライブは終わり。

全てが終わり客電が灯った後も、満場の拍手をありがとう。とても嬉しかったです。
鳴り止まない拍手の温かい音が、今もずっと残っています。

20年間の活動の中で、ENDLESSのライブのピークはどこだと聞かれたら、
迷わずに2018年1月27日 渋谷マウントレーニアホールだと答えます。

何をどう考えたって寂しいことには変わりはないけれど…、
それでも、自分たちの意思で、最高の状態のまま幕を引けて幸せです。

ENDLESSは2018年1月27日をもって無期限活動休止となりました。
これまで応援してくれたすべての人に、
心から、ありったけの感謝を込めて。

20年間、ありがとう。

SHIGE

前夜

いよいよ明日はライブの日となりました。
この日が来てほしいような、来ないでほしいような、色んな感情が入り混じりますが、俺はもうずっと準備に追われていました。
先ほど、映像編集を全て終えて一息ついたところです。

Opening SEとInterludeは全て、TETSUが作曲しています。
イメージする場面を説明して、書き下ろしてもらいました。
その楽曲に俺が撮影した映像をのせてあるので、きっとインストの楽曲にもENDLESSらしさを感じられるのではないかと思っています。

今日は、ローディーの一人からインフルエンザに罹ったと連絡があり、安静にしているように言いましたが、かなり流行っているようですね。来場される方は体調を崩したりしていないでしょうか。
俺の調子は悪くなく、この分だと存分に歌って演奏できそうです。

明日はメンバーもみんな、特別な気持ちで臨むようです。
俺は1回1回のライブが特別なものだと思っていますが、
それでも、今回は違う空気を感じて、つい力が入ります。

もうあとは最後まで目一杯、楽しんでもらいたいです。

このところ天気も荒れたりしているので、
道中くれぐれも気を付けて来てくださいね。
会場まで無事に着けますように。

それでは、明日お会いしましょう。
おやすみなさい。

SHIGE

物販アイテム ENDLESS Historical Photograph Collection

1月27日の物販アイテムが出揃いました。
全てのアイテムは開場時刻の1時間前より、会場ロビーにて先行物販を行います。
先行物販 16:00より会場ロビーにて販売開始。

お話ししていた、フォトブックも販売が決定!
20年間の軌跡を写真で振り返ることができる特別な冊子です。

ENDLESS Historical Photograph Collection
A4判 86ページ 3,500円





ENDLESSの歴史が詰め込まれています!
表紙を含め、自分で撮影した風景写真も何点か載せてあります。
昔のENDLESSを知らなかった人にも見てもらいたい。

分厚く重たい写真集という感じではなく、冊子のような感じなので、持って帰りやすいはず。表紙はマットPPをかけて、しっとりとした手触りにしてありますので、何度でも手に取ってもらいたいです。
とにかく86ページもあります。
焦らなくても売り切れない、、、はず。

 

Final Chapter Tシャツ
サイズ S、M、L 各種(男女共通) 3,500円

Vネックで丈の長さは普通のものです。
普段にも着れるデザイン。後ろのネック部分に今回のライブのロゴが入っています。

売り切れないとは思いますが、そう思っていたチケットも売り切れたので、わからないですね。数に限りはあります。

 

B5サイズステッカーセット 1,000円
見本画像のピンク色のラインは切れ込みが入っているラインを表しています。実際には印刷されていません。

単純に自分自身が欲しかったのですが、前回紹介したステッカーを欲しいという人が結構いたので、それならと思い作りました。
ギターに、エフェクターボードに、ノートPCやタブレットに、冷蔵庫に…。
貼るだけで幸せになれますね。これは多めにあるので売り切れないはず。

 

Final Chapter モバイルバッテリー 3,500円
容量4000mAh(iPhone6Sなどで約2回充電できます)

極地に赴くフォトグラファー、旅好きのギタリスト、各地を転々とするキーボーディストのために開発された…。
って、すみません。単純に自分が欲しくて作っただけなので少数しか作っていません。欲しい人は早めにお願いします。

 

前回紹介した、透明ステッカー5cm×10cmは、物販にて5,000円以上お買い上げの方にプレゼントします!


これですね。
俺は早速iPadに貼りました。

先行物販は16:00より会場ロビーにて販売開始。
どれもおすすめですが、ENDLESSの歴史が1冊に凝縮された、
Historical Photograph Collectionは間違いないと思いますので、ぜひ!

SHIGE

ゲネプロ

本日はゲネプロをやっていました。
ゲネプロとは本番さながらに行う通しリハーサルのことです。

いつもより広いスタジオで、本番のようにセッティングをして、
音響、照明、映像、撮影、舞台を担当される方々を交えて行います。
偶然にも、20年前のENDLESSでもよく使っていたスタジオでした。

通しリハーサルも問題なく終了し、腕利きのスタッフ揃いですので、きっと最高のライブになると確信しています。
ライブ中に流す映像の編集もほぼ終わり、表現したかったものを具現化できているという手応えも感じているので、映像も含めて楽しんでいただきたいです。

前回はタケオさんがギターを新調した話を書きましたが、
HAYATOくんはドラムのフルセットを持ち込むそうです。

実は、HAYATOくんのフルセットを見るのは初めて。
2バス仕様でギラギラしていますね。HAYATOくんの意外な一面を垣間見た気分ですが、どのようなドラムプレイになるのか楽しみです。

 

そして、俺だって!
いつもと違う楽器があります。
ワイヤレスマイクを使用します。
いつも音質的な理由から使用を避けていましたが、前から使いたいと思っていたワイヤレスマイクがありました。

このマイク。
購入を検討したことがあるのですが、無線免許と使用に届け出が必要になること、
そして、欲しいカプセル(口元の部分)が廃盤で入手困難という理由で断念しました。
音響の方に相談していたら、会社で所有している!!
というので、カプセルも何種類か用意してもらい色々と試してみます。

人が使っているのを聞いて、これはと思う音がしているものにはそのカプセルが付いていて、ワイヤレスでもそんな音が出るのかと思っていたものです。
やはりその目当てのカプセルが好みにピッタリでした。
他の現行品のカプセルよりも音が厚く、中低域に迫力を感じます。歌っている自分からすると歌いやすく、まったく別物に感じるのですが、なぜそのような優れた物に限って廃盤で入手困難となるのでしょうか…。

と、とにかく。
声も思ったような音色になるはずなので、
それも楽しみにしていてもらいたいです。
今回のライブはお楽しみポイントがたくさんありますよ。

SHIGE