2017年10月14日 恵比寿CreAto ありがとうございました!

昼公演は遠藤重賢 2マンツアーファイナル、
「藤田幸也と遠藤重賢 全国ツアーファイナル」
そして、夜公演はENDLESS×Kαinの2マンライブ、
「藤田幸也と遠藤重賢にとってのKαinとENDLESS」

昼夜二公演が無事に終了しました。
来場していただいた方、ありがとうございました。

長い、長い一日でした。
文章も長くなってしまいましたので、時間のある時にでもゆっくり読んでください。

 

昼公演は、大阪・仙台・名古屋・札幌・福岡・広島と6公演を経ての、遠藤重賢ツアーファイナル。
ステージのバックのLEDにオープニング映像を流しながら、
ツアーを回る前と後で何が変わったのだろう、などと考えながらステージに出て行きました。

—–
2017年10月14日【昼公演】 遠藤重賢 セットリスト

-SE- Deep Forest Inst

1.ハートビート
~mc~
2.砂漠
3.流離人
4.夜の扉
~mc~
5.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst

—–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)
Bass:中村泰造 (CUNE)
Drums&Percussion:HAYATO (ex.BLÜE)

セットリストは、デモ音源化した遠藤重賢オリジナルの全5曲を演奏。

1曲目は広島で披露した「ハートビート」のピアノバージョンから始め、
曲の半ばあたりからバンドインするドラマティックな展開は、
今回のツアーを経ないと思い付かなかったアレンジかも知れません。

そう言えば、リハーサル時にバンドインのドラムフィルを、
「MTV Unpluggedに出演して、バックミュージシャンを務める黒人ドラマーが叩くような感じにしてほしい」
と言ったらHAYATOくんが苦笑いしていましたね。

時々メンバーが
(あっ!また訳の分からないことを言い始めたぞ)
という顔をするのです…。

「夜の扉」ではバックにこの曲のために撮影した映像を映して、楽曲の世界観を演出してみました。

最後はこのツアーを通して、いつも終わりに歌ってきた「プラットホーム」を演奏。
6月から10月までかけて7都市を回るというのは、ツアーのペースとしてはかなりゆったりとしているのでしょうね。
季節をまたぎ、一つ一つのライブを噛みしめるように回れたので、俺は気に入っていますよ。

いくつかの会場ではTETSUと二人で演奏したり、アレンジを変えてみたり、セットリストを入れ替えてみたりと、楽しかったツアーも、会場に足を運んでくれた人のおかげでこうして無事に完走することができました。
本当にありがとうございました!

 

 

そして、夜公演はENDLESS。
同じ人がやっている訳ですが、気持ちを切り替えて、容姿を変えて、自分ではまったく別の意識と世界観を持っています。

1曲目から気持ちを高揚させるべく、アッパーな感じで始めました。
全てを出し切れるように、メンバー全員が高いモチベーションで臨めたと思います。

始めた瞬間、ついこの間の8月のライブの熱気が続いているような、そんな感覚もありました。

——
2017年10月14日【夜公演】 ENDLESS セットリスト

-SE- Untitled

1.12発のBallad
2.Go Away
~mc~
3.始まりの日
4.止まない雨
5.夏の終わりに
~mc~
6.ハルメキ
7.Monochrome Sky
8.Painkiller
~mc~
9.Closing World

-SE- Closing

——

■セッションメンバー
SHIGE (Vocal&Guitar)
TETSU (Keyboard)
山内健雄 (Guitar)
中村泰造 (Bass)
HAYATO (Drums)

いかがだったでしょうか。
限られた時間の中で、ENDLESSの全てを表現するのは難しいけれど、
ライブ感のある楽曲を選びました。
どの曲も音源には収まりきらない、演奏の躍動感のようなものを感じられたのではないでしょうか。

「始まりの日」では、
8月のライブでミスしてしまったTETSUのピアノイントロのイメージを払拭すべく、
俺はもちろん、全員でTETSUのプレイを見守りながら始めたのが面白かったです。

そのプレッシャーにも負けず、彼は弾き切りましたね。
今回のセットリストの2曲目が決められなかったのを、TETSUが「Go Away」を推しに推すのでGo Awayに決定しました。

どの曲も盛り上がりましたね。
この日は満員となってしまい、窮屈なスペースにも関わらず一生懸命に盛り上げようとしてくれていた気持ちが伝わってきましたよ。

ENDLESS×Kαinの2マンということもあり、
Kαinを観に来ていたお客さんも、きっと助けてくれていたのでしょう。
温かい雰囲気で受け入れてくれて、ありがとうと言いたいです。

全9曲。
思い返しても、感情が溢れてくるようなとても良い夜だったと思います。

 

最後のClosing Worldを演奏する前に、大切な事を話しました。

BlogやWEB上での公表ではなく、目の前にして直接話そうと思い、
自分の言葉を尽くしたつもりです。
この日にライブに来られなかった人もいると思いますので、ここにも書いておきます。

 

ENDLESSは、
2018年1月27日(土) 渋谷マウントレーニアホール公演をもって、活動を休止します。

正式に活動を始めた1998年から20年近く、途中で7年のブランクが空いて、そこから活動を再開させた2007年からも10年が経ちました。
これほど長く活動できたのは、応援してくれている皆のおかげだということ以外にはありません。いつもいつも、俺もTETSUも救われながらここまで来ました。

ENDLESSというバンドは高校生の時に始めたバンドでした。その時に描いていたイメージや98年に正式に活動を始めた時のイメージ。人によってENDLESSに対する印象は違うのだとは思います。自分にとってのENDLESSは言葉にするのは難しいですが、洗練されていてソリッドで、キラキラと輝いている世界で、少し良く言い過ぎかも知れませんがそのような感じで、その世界を磨きながらやって来たつもりです。

自分たちの美学や感性に基づいて始めたことを、その根拠に基づいて終わらせたい。
ここまで考えが至るまでに、複雑な想いや葛藤があり、とても簡単には説明できないですが、ENDLESSが大切であればあるほど、好きであればあるほど、思い描いたイメージと自分自身が乖離しきってしまう前に、幕を引きたいと考えたのが一番の理由なのだと思います。

 

文章で伝えるのは難しいですね。
ライブでは、目の前で話し、「Closing World」を歌えばある程度は伝わっている気がしたのですけれど。
だからきっと自分は音楽で表現しているのでしょう。
この夜は、収まりのつかない気持ちや、言葉にならないもののために音楽があるのだと、あらためて気が付かされました。

2018年1月27日は、ENDLESSの全てをかけて臨むライブ。
今まで応援してくれたすべての人に観てもらいたいです。
ENDLESSは最高のパフォーマンスでこの夜を迎えるべく、準備を進めます。
叶うなら、会場で直接ありがとうを言いたいです。

SHIGE

前夜

いよいよ明日は、恵比寿CreAtoにて、
「藤田幸也と遠藤重賢 全国ツアーファイナル」
「藤田幸也と遠藤重賢にとってのKαinとENDLESS」

昼夜二公演。
昼公演は遠藤重賢 2マンツアーファイナル。
夜公演はENDLESS、Kαin。
とても長い一日となりそうです。

「藤田幸也と遠藤重賢」ツアー限定グッズとツアー限定CDについて、お知らせです。
会場にて、
ツアー限定CD「LEAVE ME…2017」もしくは、
ツアー限定グッズ「2017ツアー記念セット」のどちらかを購入された方、
先着100名に藤田幸也と遠藤重賢のサイン色紙がプレゼントされますので、
まだ手にされていない方はぜひ。

 

また、大切なお知らせもあります。

ライブ会場にて、
かねてよりライブで告知してきた、
ENDLESS 2018年1月27日(土) 渋谷マウントレーニアホール ワンマンGIG
のチケットを先行販売します!

—–

ENDLESS ONE MAN GIG
The sky is the limit – Final Chapter –
会場: Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
日時: 2018年1月27日(土)  開場17:00 / 開演18:00
料金: 前売¥5,000 (税込 / 全席指定)  / 当日未定
チケット一般発売日未定

※入場時に別途ドリンク代が必要となります。
※全席指定・未就学児童入場不可
※未発表音源もしくは未発表映像を来場者全員にプレゼント!

主催:NEXT ROAD 企画:Modern Beat 制作:com agent

—–

チケットは1人2枚まで購入できます。座席はシャッフル販売。
昼公演では終演後から、夜公演では開場してから終演後まで物販スペースにて販売します。

ENDLESSの集大成となるライブ。
現在も舞台や構成について、ENDLESSで表現できること、やりたかったこと、妥協せず詰め込めるように調整を続けています。

 

まずは明日。
ENDLESSとKαinの2マンライブが実現する日が来るなんて、不思議な気持ちもあります。
一日を通して、アコースティックギター、エレキギター、ボーカル。
パートの違いもそうですが、それぞれの異なった世界観を表現するのは自分にとってもチャレンジとなるので、これまで培ってきたもの、自分の持てる全てで臨みたいと思います。
どうか、最後まで付いてきてください!

SHIGE

刺激的音楽紀行 -広島編-

前回の福岡編からの続き。

TETSUのアテンドによって、
我々はついに、広島駅に降り立ちました。
何年ぶりに広島の地に来たのか、
99年だったか、ENDLESSのライブで訪れて以来。

宮島、尾道、行ってみたい所は沢山あるけれど、本日はライブがあるので観光はまたのお楽しみです。

しかし、せめて広島の美味しいものを食べたい。
TETSUが広島にはよく来ているというので、おススメのお店に連れて行ってもらいます。

車での移動が好きですが、
電車に乗ると、車内の人や見える景色、駅の雰囲気などから、その土地についてより深く知れる気がしますね。

どこまで行くのでしょうか。
広島駅から電車に乗って、少し離れた場所まで来ました。
まるで地元の勝手知ったる道のように、TETSUは先導して歩いて行きます。

福岡に続き、広島でもまた彼の意外な一面を見ました。
果たして目の前のTETSUは、俺の知っているTETSUなのだろうか…。
それは、今夜一緒に演奏してみればわかることですね。

物思いにふけっている内に、お店に到着しました。

広島と言えば、広島焼き。
大阪生まれだからか大人になってからも、ずっと「広島焼き=モダン焼き」だと勘違いしていました。
もうお店を閉めてしまいましたが、東京で行きつけとなった広島焼きのお店の方に、詳しく教えてもらうまで知らなかったのです。

広島の方からすると、お好み焼きと言えば広島風お好み焼き。なのでしょうね。
自分は大阪で育ちましたので、お好み焼きと言えば…。
おっと、これ以上この繊細な話題には触れないでおこう。
ライブ前にこのブログを書いていたら、生きて広島の地から出られなかったかも知れません。

麺がパリパリしています。
TETSUが言うには入っている麺が、
ふわふわしたやわらかい普通?のタイプと、
パリパリした麺の2種類があるそうで、パリパリした麺は食べたことがありませんでした。

とても美味しかったです。でも、やわらかい麺の方が好きかな。

好みといえば、
じ、実は、、、
大阪のお好み焼きよりも、広島焼きの方が好…。ゴホッゴホッ!

とにかく。
満足の食事でした。これでライブも頑張れます。
そうして今夜の会場へと向かいます。

会場のLive Juke。
客席から見ると、ステージ後方のガラス張りから風景の望める素敵なロケーション。
夜は夜景へと変わります。

ライブもしっとりとした雰囲気で、思い出深い夜になりました。
天気も味方してくれましたので、窓の外に浮かぶ月が、客席からは綺麗に見えていたことでしょう。

ライブが終わってからは、
東京以外での公演最終日ということで、藤田幸也さんチームの皆とも合流して打ち上げに行きました。
ここまで6都市を一緒に回ってきた仲間として、メンバー全員との友情も深まったように思います。ツアーが終わってしまうを惜しむように、美味しいお酒を飲みながら朝方まで語り明かしていましたね。

楽しかったなあ、と思いながら一人でホテルに戻ったものの、何か忘れているという気がして。。
ふと、
TETSUを広島の街に置いてきたことに気が付いたのは内緒です。

よくツアーを経たバンドに一体感が出たりするのは、
もちろん演奏を繰り返すこともあるでしょうが、ツアーを通じて日常を共にすることでお互いをよく知り合うから、なのではないでしょうか。

帰りは飛行機で、広島から東京へ。

広島駅からバスに乗り、楽しみにしていた生もみじ饅頭を食べます。
もみじ饅頭も大好物なのです。

空港に到着して、お土産物を見ていると気になるラーメンを発見。
妹が阪神タイガースのファンらしいので、買っていってあげよう。

帰りも別れを惜しむように、広島焼きを食べました。

店名がちょっとアレですけれど。。

ツアーを成功させることに集中していて、
広島の街を堪能できませんでしたので、今度はゆっくりと街を探索しに来たいです。

ともあれ、無事に6都市での公演を終え、
今週10月14日の土曜日には、ツアーファイナルの東京公演。
このツアーで得た成果を、見せられたらと思っています。

そして、いつか再び、
また各都市を訪れて演奏する。そんな日が来ますように。

SHIGE

刺激的音楽紀行 -福岡編-

遠藤重賢2マンツアー。
東京から出向いて行く公演も、福岡と広島で最後なのか、
と思いながら羽田空港より福岡に向かいました。

空港は良いですよね。
色んなお店があって、お土産物を見ているだけで楽しくなります。
それに、こういった巨大な施設というか、建造物の中にいるのがとても好きなので、
この日も少し早く空港に着いてウロウロしていました。

展望デッキから、しばらく離着陸を眺めて、
飛行機に乗り込み出発します。

福岡に行く時にいつも思うのは、
福岡は空港が市街地に近いため、着陸時に外の景色を見ているとまるで、このまま街中に降りて行くのか?とドキドキします。


このような感じで、街が近いと感じます。
福岡空港に飛行機で向かう際には、ぜひ窓の外を見ていてください。

 

福岡に到着して、ある事に気が付きました。
『もしかして、、今日の衣装のパンツ(ズボン)を入れ忘れたのでは…。』
まさか、TETSUではあるまいしそのようなミスをするとは。

軽くショックを受け、慌ててホームタウンの博多でのんびりしていたTETSUに来てもらい、
何軒かおすすめのショップへと連れて行ってもらいました。

無事にパンツ(ズボン)を購入。
TETSUありがとう。頼りになるね。

しかも、ギターなど荷物の多い俺を見て、スーツケースを持ってくれました。
や、優しい。
東京にいるTETSUと福岡にいるTETSUでは別人のようです。

そして会場に到着。
雰囲気も良く、素敵な会場です。

…。

そうして、前回の記事にしたようにライブは盛況に終わり。

余談ですが、スーツケースの中には忘れたと思っていたパンツ(ズボン)が、ちゃんと入っていました。なぜ、忘れたと考えてしまったのだろう。

この日は会場の中をお借りして、軽く打ち上げをしました。

やり遂げられて、TETSUも少しホッとしているようです。
ライブ後の打ち上げは、何とも言えない解放感があるものですが、
広島でのライブを翌日に控え、喉が丈夫ではない自分は、食事もそこそこに早々に休みます。

翌日。
福岡から広島に向け移動。

昨日は美味しいものをまったく口にしていませんでしたので、
TETSUに、せめて何か福岡の思い出に食べたいとリクエストしました。

大宰府名物 梅ヶ枝餅。
おすすめだそうですよ。お餅を買って新幹線に乗り込みます。

颯爽と乗り込むTETSU。頼りになる男の後ろ姿は違います。
しかし、ここで思いもかけない出来事が!

 

TETSUは広島にもよく行くらしく、
慣れている自分に任せろ!と新幹線の切符を一緒に予約してくれました。

俺はいつも新幹線の座席は「一番後ろ」の座席を予約します。
座席の後ろの空きスペースに、ギターを立て掛けて置きたいからです。

その旨を伝えると、
「ちょうど良い時間帯には、一番後ろの座席に空きがないから、時間を遅らせて予約するよ!」
と言ってくれました。

『なんと頼もしいことか、見直したよ。今まで酷いことばかり言ってごめん。』
と心の中で反省しながら新幹線に乗り込みます。

!?…あれ?

なぜ一番前の座席に座って。。

TETSUさん?あれっ!?
これって一番前の座席…。え?後ろって…言ったよね?…えっ?

TETSU「…」

そうです。
信じられないことに一番後ろのはずが、誤って一番前の座席を予約したようです。

一番前だと、
ギターがめっちゃ邪魔なのですが。。

なぜなのか?
この席を確保するために、わざわざ新幹線の時間を遅らせてまで…、俺たちは一体。

言いたいことは沢山ありますが、
頼りになるTETSUよりも、こっちの方がよほど彼らしいではないか。
などと妙に納得して、梅ヶ枝餅と一緒に飲み込みました。

そして、広島編へと続きます。

SHIGE

福岡 SQUARE GARDEN+広島 Live Juke ありがとうございました!

遠藤重賢 2マンツアー
9月23日 福岡 SQUARE GARDEN
9月24日 広島 Live Juke
2公演が無事に終了しました。
足を運んでいただいた方、ありがとうございました。

 

1日目の福岡は、
TETSUのホームタウンということで、彼は気合が入っていたのではないでしょうか。
天気も崩れることなく、穏やかでした。

——-
9月23日 福岡 SQUARE GARDEN

-SE- Deep Forest Inst

1.哀歌 -snow drop-
~mc~
2.ハルメキ
3.砂漠
4.流離人
~mc~
5.Closing World
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst
——–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)

全7曲。
この日は、ギターの弦が演奏中に切れてしまうというアクシデントがありました。
珍しいことなので、、そういう意味ではレアなライブだったと言えますね。

不本意ですが、
弦を張り替えている間、TETSUがMCをして繋いでくれました。

しかし。
TETSUのMCがこの日、一番の盛り上となっていたような…。

このままではいけない!
次回のライブが、
MC:TETSU (ENDLESS) with 遠藤重賢
とならないように頑張らなければ、、
ツアー中で最も危機感があった瞬間でした。

アクシデントも楽しく過ごせて、
最後の「プラットホーム」は出だしのアレンジを少し変えてみたり。
またここでライブがやりたいと思える、そんな夜になりました。

いかがだったでしょう。
また聴きに来たいと思えたでしょうか。
もちろん記入してくれたアンケートは、ライブ後の楽しみとして全て読んでいますよ。

 

 

そして、翌日は広島公演。
ステージのバックには夜景が広がる、とても素敵な会場でした。

——–
9月24日 広島 Live Juke

-SE- Deep Forest Inst

1.ハートビート
~mc~
2.Closing World
3.砂漠
4.流離人
~mc~
5.Monochrome Sky
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst
——–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)

全7曲。
福岡もそうでしたが、広島でライブができるのも19年ぶり。
長い年月を経て、自分はどう変わったのだろう、何を得て何を失ったのだろう。
そんな感慨にふける瞬間もありました。

1曲目は「ハートビート」のピアノバージョンを初披露しました。
本当はもっと前から演奏したかったのですが、TETSUのピアノに合格点が出せず、
いつもセットリストに入れるも、リハーサルの度にボツとなっていました。
しかし、彼は諦めないで練習を繰り返し、ついに日の目を見ることができたのです。

ミュージシャンとしては一発で決めるべき話ですが、
その気持ちや諦めずに努力する姿勢には、見習うべきところがあるなと思いました。
演奏できて良かった。

会場のロケーションも手伝い、
「夜の扉」は世界観を色濃く表現できたのではないでしょうか。
youtubeに公開したMVから抜き出したような空間でした。

 

今回の2マンツアー「藤田幸也と遠藤重賢」も東京以外の都市に出向いて行くライブは、広島が最後ということで、、、
ついに終わってしまいました。
とても寂しいですが、
寂しいと思う強さの分だけ、きっと楽しさも強かったのでしょうね。

大阪、仙台、名古屋、札幌、福岡、広島。
ツアーに来場してくれた方、本当にありがとうございました!

SHIGE