遠藤重賢 夜の扉 -tokyo- ありがとうございました!

遠藤重賢 初の東京ワンマンライブ「夜の扉 -tokyo-」に足を運んでくれた方、
ありがとうございました。

この日の会場は2016年にオープンしたばかりのGRAPES KITASANDO。
雰囲気も良く、綺麗な会場でしたね。

2017年5月14日(日)
遠藤重賢ワンマンライブ
「夜の扉 -tokyo-」セットリスト

-SE- Deep Forest Inst

1.始まりの日
2.時雨心地
3.ハートビート
~mc~
4.傷跡
5.砂漠
6.止まない雨
7.哀歌 -snow drop-
8.ONLY ONE
~mc~
9.流離人
10.TATTOO
-TETSU Interlude-
11.夜の扉
12.ハルメキ
13.Monochrome Sky
~mc~
14.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)
Bass:中村泰造 (CUNE)
Drums&Percussion:HAYATO (ex.BLÜE)

「夜の扉 -tokyo-」のために制作したオープニングムービーでライブは幕を開けましたが、いかがだったでしょうか。
映像は全て自分で撮影したものを使用しました。

メンバーは4人編成で、いつもの顔ぶれのような…。
DVD「プラットホーム」と同じようなアンプラグドのイメージで演奏しました。
会場のピアノはとても珍しいスタンウェイの木目調のピアノで、まろやかな心地良い音色なので歌いやすかったです。

俺も弾いてみたかったな。。
TETSUも弾きやすいと言っていました。
1曲目「始まりの日」から、どの曲もENDLESSの時とまた違うアレンジで楽しめたのではないかと思います。

ライブではレアな「ONLY ONE」を演奏したり、「砂漠」はバンドアレンジになっていたり、新曲が2曲あったり。あっという間でしたね。

新しい「ハートビート」「流離人」は気に入ってもらえたでしょうか、
どちらも新しい世界を感じられる楽曲になっていたはず。

TETSUのMCもなかなか会場を沸かせていて、見どころの一つ?だったような…。

本日のライブの楽しみ方を、不思議な動きをしながらレクチャーしていましたが、却下でした。

全14曲。
アレンジを変えて、よりダイレクトに歌や楽器の躍動感が伝わるライブになったのではないかと思っています。
何より、みんなが楽しそうな顔をしていたのが嬉しかったです。

最後には、
きっとまたどこかの会場でお会いできますように。
そう思いながらプラットホームを歌っていました。

END SEにはこの日のために制作したエンディングムービーを流しました。
これからのツアーの告知。

そして、大切なENDLESSの2018年1月27日の告知。

来年、ENDLESSは2018年1月27日(土)に
渋谷マウントレーニアホールでのライブが決定しました。
この日は、どうか力を貸してもらいたいです。

予定の許す限り空けておいてください。
詳細など決定次第、またお知らせします。

告知の背景動画は先日オホーツク海で撮影してきた流氷と星の映像で、写真としてはすでにBlogやOfficial Siteのヘッダーに使用しているものの動画版です。
ずっとそこに在るものではない流氷と星のコラボレーション。
次々と降り注ぐ星が幻想的で、この映像のためにオホーツク海まで行った苦労も報われます。

 

無事に3曲入りデモシングル「夜の扉」も発売することができました。
手にされた方にはぜひ感想を聞かせてもらいたいです。
これから始まるツアーでもCDは販売しますので、手に出来なかった方はもうしばらく待っていてくださいね。

ソロ名義では初の東京ワンマンライブ。
「夜の扉」というタイトルにも、楽曲にもぴったりな夜になったと思っています。
会場を素晴らしい雰囲気にしてくれた紳士淑女の皆さん、ありがとうございました。

きっとまた、どこかの会場で。
叶うなら1月27日にもお会いできますように。

SHIGE

遠藤重賢 2マンツアー決定!

いよいよ明後日14日は遠藤重賢 東京初ワンマンライブ
「夜の扉 -tokyo-」となりました。

このところ、会場で発売する3曲入りデモシングル音源の制作にかかりきりになっていましたが。
ようやく、完成しました!

 

遠藤重賢デモシングルCD 「夜の扉」
1.夜の扉
2.ハートビート
3.流離人 -Acoustic Version-

 

3曲目は(さすらいびと)と読みます。
リハーサルにて 「じゃあ、次は流離人を演奏しよう」 と言った時。
ベースの中村泰造くんがどの曲かわからずにポカンとしていたので、新曲の事だと説明すると、
「ああ!なんや、、これはそうやって読むんか!」
と呟いていたので…。

価格は1,000円を予定。
どの曲もENDLESSとはまた違った、新しい世界を感じてもらえる楽曲だと思います。
14日のライブでは3曲とも演奏しますよ。

今回のライブはオープニングムービーを、すべて自分自身で撮影して作りましたので、そちらもあわせて楽しんでもらえたらと思います。

東京はこのところ、夏のように暑い日が続いていましたが、14日は涼しくなるようです。
来られる方は気を付けて、会場でお待ちしています。

 

残念ながら14日のチケットは完売となってしまいましたが…。
しかし、
いくつかの都市でライブを計画していると言ったとおり、ツアーが決定しました!

藤田幸也さんと2マンにて、
すでに発表されていた大阪を含め、6都市でライブを行います。

2017 2マンツアー
「藤田幸也と遠藤重賢」
YUKIYA FUJITA+SHIGEKATA ENDO

6月3日(土) 大阪 Flamingo the Arusha 【昼夜二公演】
6月24日(土) 仙台 Nota Blanca
7月17日(月祝) 名古屋 伏見 JAMMIN’ 【昼夜二公演】
8月5日(土) 札幌 円山夜想
9月23日(土) 福岡 SQUARE GARDEN
9月24日(日) 広島 Live Juke

詳細情報は遠藤重賢ツアー特設ページをご覧ください。

自分自身にとっては念願のツアー。
昨年も大阪と札幌で幸也さんと一緒にやらせてもらい、さらに今回は2マンでの6都市ツアーが実現できて、今から楽しみでソワソワしてしまいます。

大阪と名古屋は昼夜二公演、会場も広くメンバー構成も豪華に、
昼と夜でセットリストも変更しながら、
DVD「プラットホーム」に収録されているようなアンプラグドな雰囲気で楽しんでいただけます。

仙台、札幌、福岡、広島の4公演は、今のところ俺とTETSUの二人での演奏ということで、
音数が少ない分、歌とギター、ピアノのダイナミズムを強く感じてもらえるライブとなりそうです。
自分にとってもどこまでやれるのか、チャレンジとなります。

そしてどの会場でも、
藤田幸也さんと遠藤重賢コラボレーションによる、スペシャルナンバーを披露できると思います。

いつも東京に足を運んでもらっている所を、
こうして自分から楽しみにしてくれている人のホームへ、近くへ行けることが嬉しいです。
ぜひとも、近くに居られる方には足を運んでいただきたいと思っています。

日程も余裕をもって構成してあるので、
いくつかの都市を一緒に巡っても楽しいはず!

少しでも長い時間、お会いできるように願っています。

SHIGE

TETSUのホームタウン福岡

先日、福岡の美味しいものを食べに
TETSUの指のケガの様子を見に福岡に行ってきました。

正確には、ENDLESSのミーティングと
5月14日の遠藤重賢ワンマンライブのピアノアレンジをするため。

知っているかとは思いますが、
ENDLESSは俺が東京、TETSUが福岡に住んでいます。
距離にすると1000kmくらいでしょうか、
最近は離れていても高額な電話料金がかかる訳でもなく、
特に不便はないですが、
時々は会って話したりするのも大切なことだと思います。

いつもTETSUがリハーサルの度に東京に来てくれるので、
たまにはこちらから行こうと思い立ちました。

福岡空港は工事中で殺風景だった。
空港と街が近いので、
着陸時に飛行機の窓の外を見ていると、街中に墜落して行くような錯覚にとらわれます。

TETSUが空港まで迎えに来てくれていたので、
合流して街中へ。

天神地下街を颯爽と歩くTETSU。
どこに向かおうというのか。

大学生のような服装をしていたので、
「夜空のトートバッグ」を貸してあげました。
グッとオシャレ感が増していますね。

事前に食べたいと言っておいた、もつ鍋屋に連れて行ってもらいました。

もつ鍋はほとんど食べたことがなかったのですが、とても美味しい。
みそ味は、札幌で食べた味噌ラーメンのスープに通じるものを感じました。
何よりお昼からビールというのが良いですね。

しかし、やる事もあるのでそこそこにしてお店を後にします。

博多の街をTETSUが案内してくれます。
アコースティックライブができそうな場所をいくつか見て回ったり、
この日は気温が上がり、4月だというのに初夏の陽気でした。

一通り街をウロウロしてから、
TETSUの家にお邪魔します。

これがTETSUの作業スペースですね。
アコースティックライブのためにギターとピアノのアレンジを数時間かけて練ります。
実はアコースティックの方が、全てのアレンジを考え直さないといけないので、
バンドでのライブよりもリハーサルに時間が掛かるのです。

TETSUにしては?珍しく部屋に写真を飾っているので、聞いてみると。
ENDLESSのアルバム用の楽曲が書けなくて行き詰まった時に、
写真でも飾ればリラックス効果でアイデアも浮かぶのでは。
と藁にもすがる思いだったそうです。

まあ、その苦しみは理解できるけれども…。

やるべきことを終えて夜になりました。
お楽しみのディナータイム、
夜の街へと繰り出します。

どこへ連れて行ってもらえるのでしょうか。
ちなみに、
その学生のような服装で一緒にディナーに行くのか、と言うと、
ジャケットに着替えたようです。

TETSUが予約していたお店で、イカの活き造りを食べます。
初めて食べますが、佐賀県の郷土料理のようで福岡ではメジャーな料理だそうです。
知らなかった。

そして、刺身を食べ終わると残りを天ぷらや焼きにする事を
後造りと言うのも知りませんでした。
勉強になります。

後造りはイカスミの天ぷらにしてもらいました。
見た目はアレですが、これが一番美味しかったです。

打ち合わせをしながら、食事を一通り楽しんだところで、
食後の運動がてら夜の街を散策。

昼と夜では街の雰囲気も変わるので、
繁華街を一通りまわってみました。

那珂川のほとり、
中州の上に浮かぶ月を見上げながら、彼は何を考えているだろうか。

住み慣れない土地だから、知り合いもほとんどいない。
と言う後ろ姿には哀愁が漂っているように見えて、
そういう気持ちを曲にすれば良いのだと思います。

結構歩き回ったので、
そろそろ「雰囲気の良いバーに行きたい」とリクエストしてみました。

川沿いのバーに来ました。

「見てごらん、博多川が綺麗だよ。水面に映るネオンがロマンティックだね」

…って、
おっさん同士でこんなバーに来てどうすんねん!
しかも川沿いの一番いい席に陣取って…。

俺はお酒の美味しいオーセンティックバーをイメージして、雰囲気の良いバーと言ったつもりでしたが、
どうやらTETSUは違う意味で(雰囲気の良いバー)を選んだようです。

こうして、
川沿いの席に座れなかったカップル達から冷たい視線を浴びながら、夜は更けていきました

 

翌日は、
展望台からの景色が見たくて
福岡タワーに行ってみました。

展望室からは福岡の街を一望できます。

白くモヤがかかったようになっているのは、
PM2.5の影響ということで、日によっては真っ白になるそうです。

一体、何を覗いているというのか。

それよりも今度、TETSUにジーンズをプレゼントしなければ。
こんなになるまで…きっと苦労しているんだなあ。
その時にはちゃんと裾上げをしてくれるお店も紹介しよう。

少し切ない気分になりましたが、
最後にラーメンを食べに連れて行ってもらいました。

福岡といえば豚骨ラーメンですね。
大きくは長浜ラーメン系と久留米ラーメン系に分かれるそうです。
長浜はあっさり、久留米はこってりということで、
これは久留米ラーメン。
豚骨は苦手なのですが、こってりしていてパンチが効いていているのにまったくもたれることもなく、後味は軽やかでさすが本場だと思える味でした。

何だか食べてばっかりみたいですけれど、
久しぶりにゆっくりと話をして、有意義な時間を過ごせました。

また時間がある時に福岡まで来ようと思います。

SHIGE

春ですね

東京都内は桜が満開で、すっかり春の様相です。
ぜひとも桜が綺麗な場所で「ハルメキ」や「ノスタルジア」を聴いてもらいたい。

都内でいくつか桜を撮影してきました。
最近は動画を撮ることが多くて、写真とは勝手が違い勉強の日々です。

 

遠藤重賢のデモシングルもそうですが、
ENDLESSのアルバム制作も少しずつ進めていて、
TETSUの楽曲も多めに収録する事が決まっています。

つい先日。
前もってコンセプトを伝えてオーダーしてあった楽曲が
いくつか送られてきたのですが、

TETSUの中にはない無茶なオーダーだったらしく、
できる限り要望に応えようとしてくれているのは伝わるけれど、
どれもしっくり来ません。

何度かやり直してもらっている内に、
「コンセプトとは関係ないけれど、好きなように作ってみた楽曲もある…」
と言うので、

聴かせてもらうと彼らしい素晴らしい楽曲でした。
そこでようやく、
ああ、自分の注文がTETSUに合っていなかったのだな。
と気が付きました。

結局、元のコンセプトをボツにして、
TETSUらしい楽曲を採用することになり。
少し独りよがりになって、大切なことを見失っていたようです。

 

しばらく反省し、
だけど落ち込んでばかりもいられないので、
元気が出るように先日買っておいたレトルトカレーを食べました。

流氷カレー。
このまず…いや美味しそうなパッケージ。
白いカレーと書いてあるけれど、ベージュに見えるなあ。

最近、ご当地カレーのようなものを見かけるとつい買ってしまいます。

クリームシチューじゃないよね?

味は、
シチューのようなカレーのような感じで美味しくは…、
いや!きっとパッケージのような
ターメリックライスにしなかったのがいけなかったのでしょう。

実はもう一つ、
青と白という食べ物ではないような見た目の毒々しい色のカレーを買っていたのですが、
撮影したデータを紛失してしまいまして。
適当に撮った1枚しか残っていません、、反省。

それがこれ、

オホーツク流氷カリー。
青いカレーと白いカレーの袋が2つ入っていて、混ぜて食べるようです。
パッケージなどもお見せしたかった。
味はスパイスが効いていて不思議とカレーの味がしていました。

なんだか今回は反省点が多いなあ。

気を取り直して食後のデザート、
流氷飴。

たしかに流氷のようで、
何が何でも流氷で商売してやろうという気迫を感じます。
ENDLESSも見習わないといけませんね。

味もなかなかです。

ようやく気を取り直したところで、
TETSUに電話をしてみたら。

先日、
左手の親指をケガした。
と言い出しました。

指を切断したかのような話しぶりに、一瞬気が遠くなりましたが、
よくよく聞くと
調理器具のスライサー?のようなもので親指の表面を削っただけのようです。

…。
料理人でもないのに一体何をやっているのだ。
もしくは指紋を消さなくてはならない事情があったのか…。
どちらにせよ、
2週間くらいで元に戻るみたいで安心しました。

俺でさえ指に凍傷を負うリスクがある雪山には、
アルバムを作り終わるまで行かない。
と決めているので、
料理人を目指したり、指紋を消さなくてはならない何かは、
アルバムを完成させてからにしてもらいたいものです。

SHIGE

北海道撮影紀行 続き

前回の記事の続きです。

天候に阻まれて、
ENDLESSのアルバム発売が延期となってしまうのか!

という場面でしたね。

おそらく前回の記事を読みながら、
ENDLESSフリークの皆は、
「撮影を完遂するまで帰ってくるな!」

と叫んだに違いありません…。

 

その日は何とか晴れ間が出ないかと、
しばらく頑張ってはみたものの、
一晩中、雲が晴れることはありませんでした。

しかし、
ここで引き下がる訳にはいきません。

今日がダメならばまた明日。
ということで、

翌日。

同じ撮影スポットまでやって来ました。
雲はあるものの星空を期待できそうです。

前回の夕暮れの写真もパッとして良いですが、
こういう写真の方が好みなのです。

 

天気がマシなせいか、昨日とはうって変わって
自分の他にも大きなカメラを持った数人が夕景を撮影していました。

夕暮れ時の撮影でいつも思うのは、
太陽が沈んだ途端に撮影をやめてしまう人がほとんどです。
日が沈んでからしばらくは肉眼では見えなくても、
空はまだ焼けていて素晴らしいグラデーションが残っていますので、
写真が趣味な方はしばらく粘ってみる事をおすすめします。

この写真を撮影した時も、もう誰もいなくなっていました。

いや、待てよ。
もしかして皆は旅館での美味しい晩ご飯が待っているから、
そそくさと帰ったのでは?

食材の宝庫、北の大地のディナー…、
ゴクリ。
う、羨ましくなんかない!

ご馳走よりも大切なものがあるじゃないか。
そう言い聞かせて、
セイコーマート(コンビニ)で買ったおにぎりをほおばりながら、
しばらく星が出るのを待っていました。

そうこうしている内に、
すっかり空も暗くなり。

まさに暗闇となった誰もいない雪上で、

ついに!

星が出ました!

これはテストで撮影した1枚なので荒いですが。
肉眼では星がぽつぽつ出ているくらいの暗闇でも、
カメラのイメージセンサーにはしっかり写っています。

ありがたいことに、
必須条件だった、きっかり2時間だけ星空が出ていました!

完成版の写真をまだここに載せる訳にはいかないですが、、、

撮影は成功です!

これでアルバム発売は延期されません。

ホッと胸をなでおろしました。
目的を果たす事ができましたので、
ここからは自由に、閃きのまま撮影するだけなので気楽です。

 

気が抜けると疲れがドッと出てしまいましたので、
一度、宿に戻り少し仮眠をとります。
今度は日が昇る場面を撮影したいので深夜のうちに出発。

オホーツク海は日が沈む方角なので、
日の出は山の上に行かないと見られません。

夜のハイウェイ(一般道しかないです)を目的地まで70kmほどの道のり。
街灯のない北海道の広大な暗闇は、車のハイビームでも照らしきれません。
他に車など走っていないのでとっても寂しい。

知らない人もいると思いますが、
霊感などまったくないはずなのに、そういう方面に対して極度の怖がりなのです。
どのくらいかというと、電気を消して眠るのも怖いくらいなので、
この暗闇を一人走るのは恐怖です。

夜の峠に車を走らせながら、
「横を見たら、おばあちゃんがこっちを見ながら同じ速度で走っていたらどうしよう!」
などと訳の分からないことを考えてしまう有り様です。

撮影のためだという一念だけが正気を繋ぎ止めています。
なぜこんな怖い思いをしなければならないのか、、
今度からは夜の撮影にはTETSUも誘おう。

そんな事を思っている内に目的地に到着。
前日の昼間にも訪れた美幌峠展望台に来ました。

雲がかかり月もおぼろですね。
外はもの凄い強風で、車の外気温度計には-8℃とあります。
北海道の人にとっては何ということはない気温なのでしょうね。

車の中で、
またもやセイコーマートで買っておいたおにぎりをほおばります。

昨晩もおにぎりだったな。
食材の宝庫、北の大地まで来てまたもコンビニのおにぎりか…。
そう考えると涙が出そうでしたが、氷点下だから涙も凍ってしまいそうなので、
グッとこらえて撮影に向かいます。

薄明かりに浮かぶ屈斜路湖もなかなか幻想的です。
無情にも雲がかかっていて、
一瞬の晴れ間を期待しながら2時間ほど頑張りましたが
ついに朝焼けを目にすることは叶いませんでした。

そんな時もあります。
大切なのはそこにある状況の中で、できる限りを尽くすことです。
顔を上げて次に向かうしかない。

 

明るくなってからは、
twitterでおすすめしてもらった硫黄山に行ってみました。

看板に「許可者以外の蒸し玉子販売にご注意下さい。」と書いてありますね。

これは想像でしかありませんが、
歩いていると、
「兄ちゃん、兄ちゃん!蒸し玉子あるで!買うていかへんか?」
無視して行こうとすると、
「あっ!わかったわかった。兄ちゃんも交渉上手やな~負けたわ、しゃあない!3個で200円でどうやっ!」
…と、そんな感じでしょうか。

他にも
「車上狙いが発生しています」
と注意喚起の看板があるので、

蒸し玉子をほくほく食べながら車に戻ると、
金目の物はなくなっているというパターンですね。
恐ろしい場所です。

幸いにも朝早いので誰もいませんでした。
ホッ。

さらに気になる所を撮影しながら
ひたすら移動を繰り返します。

地図上の突端マニアとして、能取岬の先まで行ってみたり。

オホーツクに消ゆ、のゲームをやっていない人からするとよくわからないでしょうが、

巨大ニポポ像を発見!
涙の痕がないので浦田のじいさんが彫ったものではありませんね。
(ゲームの話です)

偶然見つけたので、少し興奮してしまいました。

 

ドライブが好きにとっては、
北海道は移動しているだけで楽しいものです。
たくさんの景色を目に焼き付けて、帰りの飛行機に乗り込みます。

一時はどうなるかと思いましたが、
これで、思い描くアルバムの完成へとまた一歩、近付きました。

SHIGE