福岡 SQUARE GARDEN+広島 Live Juke ありがとうございました!

遠藤重賢 2マンツアー
9月23日 福岡 SQUARE GARDEN
9月24日 広島 Live Juke
2公演が無事に終了しました。
足を運んでいただいた方、ありがとうございました。

 

1日目の福岡は、
TETSUのホームタウンということで、彼は気合が入っていたのではないでしょうか。
天気も崩れることなく、穏やかでした。

——-
9月23日 福岡 SQUARE GARDEN

-SE- Deep Forest Inst

1.哀歌 -snow drop-
~mc~
2.ハルメキ
3.砂漠
4.流離人
~mc~
5.Closing World
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst
——–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)

全7曲。
この日は、ギターの弦が演奏中に切れてしまうというアクシデントがありました。
珍しいことなので、、そういう意味ではレアなライブだったと言えますね。

不本意ですが、
弦を張り替えている間、TETSUがMCをして繋いでくれました。

しかし。
TETSUのMCがこの日、一番の盛り上となっていたような…。

このままではいけない!
次回のライブが、
MC:TETSU (ENDLESS) with 遠藤重賢
とならないように頑張らなければ、、
ツアー中で最も危機感があった瞬間でした。

アクシデントも楽しく過ごせて、
最後の「プラットホーム」は出だしのアレンジを少し変えてみたり。
またここでライブがやりたいと思える、そんな夜になりました。

いかがだったでしょう。
また聴きに来たいと思えたでしょうか。
もちろん記入してくれたアンケートは、ライブ後の楽しみとして全て読んでいますよ。

 

 

そして、翌日は広島公演。
ステージのバックには夜景が広がる、とても素敵な会場でした。

——–
9月24日 広島 Live Juke

-SE- Deep Forest Inst

1.ハートビート
~mc~
2.Closing World
3.砂漠
4.流離人
~mc~
5.Monochrome Sky
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

-SE- プラットホーム Inst
——–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)

全7曲。
福岡もそうでしたが、広島でライブができるのも19年ぶり。
長い年月を経て、自分はどう変わったのだろう、何を得て何を失ったのだろう。
そんな感慨にふける瞬間もありました。

1曲目は「ハートビート」のピアノバージョンを初披露しました。
本当はもっと前から演奏したかったのですが、TETSUのピアノに合格点が出せず、
いつもセットリストに入れるも、リハーサルの度にボツとなっていました。
しかし、彼は諦めないで練習を繰り返し、ついに日の目を見ることができたのです。

ミュージシャンとしては一発で決めるべき話ですが、
その気持ちや諦めずに努力する姿勢には、見習うべきところがあるなと思いました。
演奏できて良かった。

会場のロケーションも手伝い、
「夜の扉」は世界観を色濃く表現できたのではないでしょうか。
youtubeに公開したMVから抜き出したような空間でした。

 

今回の2マンツアー「藤田幸也と遠藤重賢」も東京以外の都市に出向いて行くライブは、広島が最後ということで、、、
ついに終わってしまいました。
とても寂しいですが、
寂しいと思う強さの分だけ、きっと楽しさも強かったのでしょうね。

大阪、仙台、名古屋、札幌、福岡、広島。
ツアーに来場してくれた方、本当にありがとうございました!

SHIGE

刺激的音楽紀行 -札幌編-

10月14日 恵比寿CreAto
ENDLESSとKαinの2マンライブおよび、
遠藤重賢の2マンツアー「藤田幸也と遠藤重賢」ツアーファイナルに申し込んでいただいた方、ありがとうございました。

おかげさまで、メール予約分は昼夜二公演ともに完売となりました。
チケットを手に出来なかった方がいると思うと、手放しで喜ぶ気持ちにはなれないですが、それだけ期待度の高いライブだと捉えて、全力を尽くして臨みます。

遠藤重賢 2マンツアーもファイナルはやはり東京で、ということになりました。
昼公演のメンバー編成は大阪や名古屋と同じ、

Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)
Bass:中村泰造 (CUNE)
Drums&Percussion:HAYATO (ex.BLÜE)
この編成で演奏する予定です。

 

ツアーも残すところ、福岡・広島・東京を残すのみとなりました。
かなりゆったりとした日程で回っていますが、そういったところも気に入っています。

先月の札幌の話をまだしていませんでしたので、
今回はその話を。

何度もお話ししていると思いますが、
北海道には強い憧れを持っていて、移住したいと常々考えています。
カラッとした空気、雄大な雰囲気や美味しい食べ物。

毎年、北海道にやって来ては、いいな。いいな。と指をくわえて思っているだけなので、さっさと移住してしまえば良いのでしょうが、なかなかに優柔不断なのかも知れませんね。

新千歳空港から札幌駅へ向かう途中の景色も、
何だか外国に来たように感じます。

札幌駅までは意外と遠いです。

ENDLESS Maxi Singe「TABOO」の楽曲、冬の面影には
冬の札幌駅で撮影した写真をブックレットで使用しています。

会場入りの前に、好物のお寿司を食べに向かいます。
行きたいお店も事前に調べてきました。
会場入り前にお寿司が食べられるなんて、はるばるやって来た甲斐があります!

ついに、やって来ました!
回転寿司 根室花まる!

…は、

33組待ち…。

それだと入り時間に間に合わなくなるため、
近くにあった普通の海鮮料理のお店に入りました。

なぜなのか。。
悔しいので握り寿司ランチセットにしました。

札幌駅前にあった気になる建造物。

アピアドームというらしいですね。
待ち合わせ場所としても使われるのでしょうか。

札幌の街は交差点の名称が、
「南3西4」などと書かれていて面白いです。

時間もないので、見物もそこそこに会場入りします。
ライブの様子は先日に掲載した通り、札幌でまたライブが出来てテンションも上がりました。

無事にライブを終えた後は、
前回ライブに来た時に(名前が)気になっていたお店へ。

とにかく名前だけで行きました。
ジャケ買いみたいなものですね。

ジンギスカン。
北海道だと野菜なども美味しく感じるのは気のせいでしょうか。
玉ねぎが美味しかったです。。

この日は、以前に一緒にアコースティックライブをした、
マコトくん(怪人二十面奏、THE BEETHOVEN)も札幌にいるということで、合流して一緒に飲みに行きました。

音楽性は違っても一緒にライブをすると、とても親しみを感じてしまいます。
しばらく楽しい時間を過ごして、
TETSUは夜空のトートバッグを引っ提げ、
すすきのの街に消えていきました。

…。

そして翌日。
やはりせっかく札幌まで来たのだから、帰る前にお寿司が食べたいと思い。
北海道出身の吉岡さんにおすすめのお店を聞き、行ってみました。

すし善 本店

特に下調べもせず言われるがままに来たのですが、
立派な店構えで、ちょっと食べに来てみましたという感じではないような…。

何だかとってもお高そうなのですが…。
ゴクリ。
吉岡さんはいつもこのようなお店に来ているのだろうか。

お茶だけ飲んで帰る訳にもいきません。
元祖とろたく巻と書いてあるので食べてみました。

もぐもぐ。
「ほう、これがあの有名なとろたく巻ですか」(さっきまで知らなかった)
「このお店はトロとたくあんのハーモニーが絶品ですな」(とろたく巻というのを初めて食べた)

ガタっ。
「大将、ごちそうさま!」
札幌の最後に良い思い出ができました。

SHIGE

2017年10月14日 恵比寿CreAto 詳細決定

10月14日 恵比寿CreAtoにて、
ENDLESSとKαinの2マンライブ、
そして現在まわっている遠藤重賢の2マンツアー、「藤田幸也と遠藤重賢」ツアーファイナルの開催が決定しました!

昼夜二公演となっていて、
お昼は遠藤重賢ツアーファイナル。
夜はENDLESS×Kαinの2マンライブという
一日で2つのライブが楽しめるようになっています。

どちらか1つでも参加できますが、
夜公演では、「藤田幸也と遠藤重賢」による新録音源をプレゼントという事です。

チケットはメール先行予約にて、
明日9月9日10:00より受付を開始します。

詳しくは特設ページ
http://www.modernbeat.net/endo-shigekata2017.html

またはENDLESS Official Web
http://www.modernbeat.net/information.htm

をご覧ください。

twitterにも書きましたが、現在はオーロラを撮影しに出掛けています。
日本でもニュースになりましたが、
本日9月8日は11年ぶりに発生した大規模な太陽フレアの影響で、
オーロラにとってはまたとない条件となっています。
今夜は北海道でもオーロラ観測できる可能性があるみたいですね。

俺はオーロラ撮影を続けていて、
これを書いている現在、日本ではお昼ですが、こちらは日が沈みこれからまさにオーロラが出ようとしていますので、これから撮影を再開してきます。

twitterに掲載した湖畔の夕暮れとオーロラの写真は、
同じ場所から撮影したものだと気が付いたでしょうか?
モニュメントを写し込んでいますので、それで確認できますね。

オーロラも貴重なものですが、
10月14日もその日限りの大切なライブとなります!
俺ならオーロラとこのライブのどちらかしか見られないとしたら…、もちろん…。

会場でお待ちしていますので、お会いできますように!

SHIGE

TETSU 誕生祭2017 新宿SAMURAI ありがとうございました!

TETSU Birthday GIG 「TETSU 誕生祭2017」が無事に終了しました。
天候も崩れることなく、夏の終わりに相応しい日でしたね。
会場に足を運んでくれた方、ありがとうございました!

TETSUの誕生祭ということで、
最初はENDLESSメンバーによる演奏。
そして中盤からは、ゲストのYUKIYAさん、生熊耕治さん、杉本善徳さんが順番に出演して演奏するという豪華な構成となりました。

この夜はアクシデント満載で、、TETSUらしい一夜だったというか何と言うか…。
とにかくお祭りだし、楽しもう。
それでENDLESSの次のライブにつながるような夜にしようと思い、臨みました。

とても盛り上がりましたね。
熱気がステージまでしっかりと伝わってきて、心地良く。
ただただ、楽しかった夜でした。

 

———

2017年8月27日(日)
新宿SAMURAI
TETSU Birthday GIG
「TETSU 誕生祭2017」

-SE- 8月27日のテーマ

1.始まりの日
2.Go Away
~mc~
3.夏の終わりに
4.止まない雨
5.12発のBallad
6.TABOO
7.Monochrome Sky

【ゲスト:YUKIYA】
8.DREAMS BURN DφWN(D≒SIREカバー)
9.月の葬列(Kαinカバー)

【ゲスト:生熊耕治】
10.Darlin’
11.Broken Chain
~mc~
12.Born In August
13.Through The Wind
14.夜光
15.ハルメキ
~mc~
16.サムライドライブ(CUNEカバー)

【ゲスト:杉本善徳】
17.オフホワイト(杉本善徳カバー)
~mc~
18.Painkiller
~mc~
19.Closing World

-SE- Closing

【ゲスト:出演者全員】
En-1.Painkiller
En-2.月と太陽

-SE- RAIN Instrumental

——–

セッションメンバー
■ SHIGE (Vocal&Guitar)
■ TETSU (Keyboard)
■ 中村泰造 (Bass)
■ HAYATO (Drums)

途中からゲストメンバーを迎え、イベントらしいライブとなりました。

YUKIYAさんは予定の出番より早く、ライブを盛り上げるべく「Monochrome Sky」の途中から乱入!
登場と同時に一気に会場の熱量が上がりました。
ステージ上での存在感はさすがとしか言いようがないです。
D≒SIREとKαinのカバーも演奏し、盛りだくさんでしたね。

大切なお知らせもありました。
10月14日(土) 都内 恵比寿 某所にて、
Kαin × ENDLESSの2マンライブが決定しました!!

藤田幸也と遠藤重賢ツアーのファイナルという意味もあり、
それぞれのバンドKαinとENDLESSでのライブとなります。
貴重な機会だと思いますし、
ENDLESSにとっては2018年1月27日に向けての重要なライブとなります。
近日中に詳細発表となりますので、ぜひとも予定を空けておいてもらいたいです。

 

話を戻します。
この日はTETSUも、主役として盛り上げようと頑張っていたようですね。

衣装はマント?
民族衣装のようなエキゾチックな雰囲気です。
年齢を重ねて新たな境地へと旅立つ感じを表現しているのでしょうか。

本日の主役でしたので、
きっと一段と気合も入っていたはず。

勢いよく手を挙げると、マントが顔にバシッとなるのですが、、、

そのようなマント攻撃にも負けず、
ステージ上で輝きを放っていました。

続いてのゲスト、
生熊耕治さんが弾くギターはセンスの良さが前面に出ていましたね。
ENDLESSの楽曲に耕治さんのセンスが加わって、また違った色合いになっていたのが印象的でした。

最後のゲストには、杉本善徳くんが登場。
彼の楽曲「オフホワイト」を一緒に歌い、ライブの最後までギターを弾いてくれました。

ギタープレイは個性のある独特のプレイスタイルで、
リハーサルでは「難しい」と言いながら、本番ではキッチリと独自のギタープレイにまとめ上げていて、さすがだと思いました。
キメるところをきっちりとキメるというのは簡単なようで難しいものです。
この日は、俺も善徳くんもギターはストラトを使用して、ストラト兄弟のようになっていたのですが、気が付いたでしょうか。

アンコールでは出演者全員がステージに上がり、
Vocal:SHIGE
Vo&Gt:YUKIYA
Guitar:杉本善徳
Guitar:生熊耕治
Keyboard:TETSU
Bass:中村泰造
Drums:HAYATO
という豪華な編成での演奏となりました。
このようなメンバーでライブが出来るなんてTETSUは幸せ者ですね。

誕生祭ですので、
ピアノ型のバースデーケーキでお祝いもしました。
また一つ歳を重ねて、さらに素敵な大人になってもらいたいですね。

最後の最後まで、楽しいと思えるイベントとなりました。
出演してくれたゲストには感謝の言葉しかありません。

そして、
この日を盛り上げてくれた一人ひとりのおかげで、
特別な夜となりました。本当にありがとう!

次は10月14日に会えますように。

本日8月30日はTETSUの誕生日。
あらためて、おめでとう。

SHIGE

札幌 円山夜想 ありがとうございました!

2017年8月5日(土) 遠藤重賢 2マンツアー 札幌 円山夜想 公演に足を運んでいただいた方、ありがとうございました。
この場所でライブをするのは2回目!
とても嬉しいことです。

この日、札幌ではお祭りが開催されていたようで、街中は賑わっていましたね。

天気も悪くなく、会場はとても温かい雰囲気で迎えてくれて、
またこの街でライブが出来るのだなあ。
と感慨にひたりながら演奏を始めました。

—–

1.哀歌 -snow drop-
~mc~
2.Closing World
3.砂漠
4.流離人
~mc~
5.12発のBallad
6.夜の扉
~mc~
7.プラットホーム

—–

■出演メンバー
Vocal&Guitar:遠藤重賢
Piano:TETSU (ENDLESS)

全7曲。

仙台に続いてTETSUと2人での演奏ということで、
このツアーは、TETSUのピアノが成長していく過程が見られるところもポイントですね。

もっと早く練習していれば…。
いや、何も言うまい!

TETSUのピアノも円熟味が増していたようです。

以前にENDELSSのキャンペーンで札幌に来て、
「12発のBallad」のMVを流してから
いつかこの街で演奏したいと思っていた「12発のBallad」をセットリストに入れてみました。

去年に続いてこの円山夜想に足を運んでくれた人も多かったはずなので、
前回より進化した世界観を感じられたのならば、ライブは成功だったと思います。

プラットホームをピアノバージョンに変えたり、
二人のアコースティック編成のためにアレンジを練り直すのは、
なかなかに大変な時もありますが。
楽しんで聴いてもらえているようですし、演奏するのもやり甲斐があります。

終始、温かいムードの中。
やりたいと思っていた場所で、持てるありったけを歌にのせられたのではないでしょうか。
こうして特別な夜を過ごせて、大好きな北海道がまた一つ好きになりました。

きっとまた、ここでライブが出来るように頑張りたいと思います。
札幌 円山夜想。ありがとうございました!

SHIGE