スイスアルプス

7月の遠藤重賢 1部のトーク&ライブ質問コーナーにて、
行ってみたい場所はありますか?
という質問に、
登山が好きなので本場のアルプスを見にスイスに行ってみたい。
と答えてから行きたい気持ちが抑えられなくなり、
魂の洗濯を兼ねて、とうとうスイスまで行ってきました。

旅の目的は2つあったのですが、長くなってしまうので
もう1つはネタに困ったら書こうと思います。

アルプスと言えば日本にも、
北アルプス、中央アルプス、南アルプスと呼ばれる素晴らしい山脈があります。
特に北アルプスが好きで、できる事なら一般登山道ルートは全て踏破したい。
と考えています。

登山をしない人でも、
上高地などは北アルプスの山々に囲まれ森林と梓川が流れ、
高所ならではの清涼な空気の味わえる素晴らしい場所なので、お勧めです。

 

それと同時に、
ENDLESSと遠藤重賢の作品と関連グッズが購入できる
WEBショップがついにオープンしました!
shop-banner460

これでライブになかなか来られない遠方の人や、
恐ろしくてライブハウスになんて…、という俺みたいな人にも、
自分達の作品を手に取ってもらえる機会が増えて、とても嬉しいです!

しかし、
「なんや、それやったらもうライブに行かんでもええやん」(なぜか関西の人)
という人が出ないよう心から願っています。。。

そんなWEBショップで販売している、
夜空のトートバッグがいかに素晴らしいアイテムなのかという事は、
Twitter上で旅の写真と共にしつこく紹介してしまいましたが。

そのトートバッグのスパム広告にも耐え、
こうしてBlogを見に来てくれた人のために少しだけ旅先で撮影した写真も載せておきます。

2016091404
スイスの首都、ベルンの時計塔。
時計の針が月と太陽になっています。
今まで恥ずかしい事にスイスの首都はジュネーブだと思っていました。。
ベルン旧市街は世界文化遺産という事で、確かにどこも絵になる美しい街並みでした。

いくつかの都市に立ち寄り写真を撮りましたが、
旅の目的はアルプスの山々を見る事なので、山間部での滞在が多かったです。

2016091407
本場アルプスと、日本アルプスとの違いは、山脈の大きさもありますが、
全体の標高が高く、氷河に削られた岩稜帯の切り立った山が多いと感じました。
どの山も迫力があって、
特に、大きな氷河は日本にはない特徴だと思います。

2016091406
奥の山はモンテローザとリスカムという山です。
おっと!手前に私物が写り込んでいますね。
氷河はゴルナー氷河と言います。
クレバスは怖いですが氷河を見ていると歩きたくてうずうずします。

2016091402
朝日を浴びるマッターホルン。
堂々たる山塊の中でも、ひときわ特徴的で華があり目を引いていました。
登りたかったけれど準備の時間が取れず断念しました。
眺めているとやはり登りたくなります。

2016091403
標高が高いと、飛行機の窓から見る空のように色が濃くて、
その先にある宇宙を意識します。

夜は満天の星空。

2016091401
夜空のトートバッグやTシャツみたいですね!
それは少し言い過ぎかな。
いや、、、気持ち的にはこんな感じなのです。
星座などは疎くてわかりませんが、ちょっと勉強してみようかという気分になります。

 

目的も果たせて、無事に帰ってきましたので
旅の素晴らしい景色も、また作品に活かしたいです。
今は新しいアルバム制作。
あと8月27日のライブを振り返るためのコンセプト楽曲「夏の終わりに」のミュージックビデオを制作しています。
来週には公開できるかも知れません。

SHIGE